交通事故の弁護士ひろば

交通事故が得意な弁護士について

いつも交通事故の危険は潜んでいる

交通事故は運転する人もしない人も、遭遇する可能性があります。自分は何も悪くなくても、交通事故に遭う可能性があるので、運転する人は防衛運転をすることで、多少の被害は防ぐことができます。交通事故で多いのは、交差点や出会い頭での事故が多いです。自分は悪くないのにと思っても、過失割合が10:0というのは、余程のことがないと有り得ません。10:0で過失責任を取られないのは、後ろからの追突ぐらいのものです。 この過失割合に応じて、双方が対物、対人ごとで賠償責任を負うことになっています。例えば、過失割合が8:2の場合で、車の修理代が100万円であった場合は、第1当事者は80万円支払わなければならず、対する第2当事者は、20万円支払わなければなりません。 このように支払いの割合は、お互いの過失割合に関わってきます。通常は、任意保険会社どうしで協議してその過失割合を決めますが、保険に入っていない場合や過失割合が10:0の場合は、保険会社と本人で協議しないといけないので、その場合に少しでも不利益を被らないために交通事故の弁護士を雇うことが必要です。弁護士であれば、取れるお金を法律の範囲内で全て取ります。

もしも交通事故に遭ってしまったら

交通事故の弁護士は、被害者にとっての強力な味方です。弁護士の力を借りて、交通事故の証明など事故に関する内容をはっきりさせて決して、被害者にとって損な立場にならないようにする必要があります。いつ、何が起こるかわからない交通事故に遭ってしまったら、まず保険を正確に理解し、加害者側と不利な示談をしないように気を付けることが大切です。 被害者の治療に関わった病院や、警察の事情聴取、事故の目撃者の話を正確にメモしておくことで重要な証拠を残しておきます。弁護士にもこの状況が正確に伝わるようにするとともに、加害者の言い訳も正確に理解して、被害者として欠けることなく、治療を満足に受けられるようにすることが大切です。被害者のための弁護士なので、 後で後悔することがないように加害者の保険屋と話を進めていく必要があります。保険屋から最終的な治療代の見積もりの話が出た段階で、弁護士に相談することが被害者に有利な方向に進むことにつながります。

交通事故のエキスパートに任せよう


タビマスターズ

Copyright(c) 2011 交通事故の弁護士ひろば. All Rights Reserved.